日本のワインと肴

夏の喪服

先日、身内に不幸があり久々に喪服を着用しました。
実はこの喪服は20年以上前に母に購入して貰ったもので、当時仕様の
立派な肩パットが気になってはいましたが、なかなか良い仕立ての物で
年齢的にそうした席も少なかったことから着用頻度も少なくずっと
着続けていました。

でも、この時期のオールシーズン対応の喪服はやはり厳しいものがあると
実感しました。
かつて(かれこれ20年前)、オールシーズン物を販売していた頃の気候と
今の夏の気候があまりにも変わってしまい、やはり夏には夏の喪服が必要だと
痛感し、売場へ出掛けました。

聞けばこの時期、いつもの喪服では暑くて厳しいと喪服売場は夏用を求める
客で盛況のようです。
購入したのは、これからも長く着られるようにとリボンなどの飾のない
オーソドックスなもの。ちょっと、実年齢より老けて見えるかなぁと思いつつ
選びましたが、これから数年先迄着られるようなものを選びました。

当たり前の事ですが、これからは結婚式よりもそうした喪服を必要とする場へ
出掛ける事が増えていくのですし・・・。

そういえば若い頃は結婚式が集中する6月は何かと出費が嵩むことから
「寿貯金」なんて言葉もありました。
これからは弔事用にもそうした蓄えが必要ですね。
誰もが皆、通る道でもあるのですから・・・。

↓は先日家の近所の河川敷で見かけた萩の花です。
梅雨明けし猛暑が続きますが、季節は確実に移りつつあるのですね。
b0308662_843494.jpg


こちらはすぐ傍に居た猫。近くには子猫もいました。
b0308662_8433386.jpg


猛暑が続きます。皆さま熱中症にならないようご自愛ください。

[PR]



by vinojapon | 2017-07-20 08:46 | 番外編 | Comments(10)
Commented by nomusupe at 2017-07-21 08:47
今日も朝から暑いですね。
我が家もほんとお祝いよりも仏事が多くなってきました。
斎場は涼しくとも行き帰りはこの猛暑では辛いものがありますね。
ましてや和装など・・・と思います。
Commented by vinojapon at 2017-07-22 12:16
ろろ様、
梅雨明け前も梅雨明け後も猛暑の東京です・・・。
冬や夏にこうした弔事はどうしも多くなるが故、喪服もまた
双方必要になってきますね。
夏場の和服は厳しいですね。浴衣を着て花火なんていうのも
厳しい程の暑さです。
Commented by tabi-kinako at 2017-07-22 20:06
昨晩は本当にたのしくて、嬉しくて
でも、早めの仕上がり。。。これはクセになりそう!
ありがとうございました!

こちらのエントリーのお話。
まさしく、同感でした。
かと言って、その時の気候に合わせた服を用意するわけにもいかず、オールマイティなものを選ぶのが喪服選びのセオリーだったはずです。が、酷暑は考えますね。
数年まえの兄の葬儀がまさに夏本番中でした。
でも私は、略式で失礼させてもらいました。
シンプルな麻の黒のワンピースは普段使いも出来ますが
やはり夏にウールはキツイし。厚手のコットンも汗が止まらなくなる。日本の風土にあわせた生地選びでも良いのでは?と自問自答して選んだ次第です。
勿論、仏事以外でも活躍しているアイテムです。
Commented by vinojapon at 2017-07-23 17:50
tabi様、
此方こそ、金曜は有難うございました。
あちらのお店、お気に召して頂いたようで何よりです^^。
鮎料理に秋刀魚へしこは絶品でしたね♪

喪服の件、この酷暑では略式がやがて当たり前になる時代が
やってくると思います。
だんだんと経年と共に正装も厳しくなってきますし、靴も
パンプスはきついという年齢も、いつか必ずやってくるでしょう・・・。
麻素材は夏にはピッタリですね。
東京も「かりゆし」の様な形でそうした仏事にも対応できる
服装が普通となると良いのですが・・・。

それにしてもこの温暖化、5年後、10年後を思うと恐ろしいです・・・。
Commented by sanakk at 2017-07-24 10:12
毎日暑いですね。この時期の喪服はキツイです。
実は私も昨日、一周忌の法要で喪服を着ました。一周忌ではきちんと喪服を着ないわけにはいかず、黒ストッキングにパンプスもストレスでした^^;
私も全く同じです!25年前の結婚を機に母に買ってもらった喪服、ものすごい肩パットのやつ、着る機会が少なかったのですが、この数年は弔事が本当に多くなりましたので7年ほど前に買い直した喪服はフル活用です。一昨年は5回、去年は4回着ました。完全に元をとりました。
これからもっと弔事が増えそうな予感なので、夏用があるのなら買っておこうと思いましたよ。^^;
Commented by suzu-kinako at 2017-07-24 13:18
寒い時期、真夏のお葬式って意外と多いですね。
冬は着込んで行けばいいですが、夏の喪服はどうにもなりません。
私も夏用を考えていた所です。
黒のパンツに薄手のブラウス・・・・にしようかと考えています。
何年か前に、オールシーズン可能の物を用意しましたが、体型が変わってしまって(悲しい現実)。
女性より男性はこんな悩み少ないですね。
Commented by vinojapon at 2017-07-25 08:11
sana様、
かつての夏と今の夏では気候そのものが変わってしまったので
以前のオールシーズン用の喪服では厳しいものがありますよね。
そしてこの時期の黒ストッキングとパンプスはキツイです。
だんだんと喪服を着る機会も増えてきましたし、これからは
更に増えるだろうなぁと夏用を購入しました。
やはり軽くて涼しい、更に洗濯機でも洗えたりするので
お薦めです。
Commented by vinojapon at 2017-07-25 08:15
きなこの母様、
仰る通り、暑い時と寒い時にそうした仏事が多いですね。
喪服売場では黒いブラウスとパンツのセットもありました。
何より夏仕様の喪服は軽さが違います。
喪服は仕立ての良いものをと思っていましたが、仰る通り
だんだんと体型も変わりますし、夏用に関しては洗濯できる
ものも多く型崩れも早いでしょうから、数年単位と思って
割り切るのも良いのかもしれませんね。
Commented by cherry2005 at 2017-07-30 14:26
幸いにも・・・・
まだ真夏のお葬式を経験したことが
ないので、あまり考えませんでしたが。。。
vinojapon さまの仰るとおり、日本の気候が
以前とは変わってきているので、夏の喪服も
本当に考えたほうがよいですネ。。。
若い時に、リボンの付いた喪服を買いましたが
ほとんど着ることなく処分し、今はシンプルなデザインの
喪服にしています。。。
今のところ、年に一回着るか着ないかなので、長く着られる
オーソドックスなものがいいですネ。
Commented by vinojapon at 2017-07-30 17:02
cherry様、
本当に・・・今年の夏も梅雨の戻りがあったりと読めない
気候となりましたね。
もはや四季の存続すらも10年後は怪しいかもしれません。
年齢的にだんだんと仏事が増えていくのは当たり前の事ですし、
ある程度準備しておかないといけないなぁと思う事が
多くなりました・・・。

主に国産ワインと酒の肴について綴ります。別ブログ「Next cuisine」ではquesoという名前で野鳥写真を掲載しております。
by vinojapon
プロフィールを見る

最新のコメント

cherry様、 本当..
by vinojapon at 17:02
幸いにも・・・・ まだ..
by cherry2005 at 14:26
きなこの母様、 仰る通..
by vinojapon at 08:15
sana様、 かつての..
by vinojapon at 08:11
寒い時期、真夏のお葬式っ..
by suzu-kinako at 13:18
毎日暑いですね。この時期..
by sanakk at 10:12
tabi様、 此方こそ..
by vinojapon at 17:50
昨晩は本当にたのしくて、..
by tabi-kinako at 20:06
ろろ様、 梅雨明け前も..
by vinojapon at 12:16
今日も朝から暑いですね。..
by nomusupe at 08:47

最新のトラックバック

ブログジャンル