日本のワインと肴

カテゴリ:甲州(山梨)( 36 )




紙コップワイン 甲州

今年に入りあまりにも早く時が過ぎ、気付けば3月とブログをまた
放置しておりました・・・。
もう、止めてしまおうかと思ったりもしておりますが、珍しいワインや
美味しいものを見付けた時にフト更新したくなったり・・・。
マイペースでもう少し続けて行こうと思っております。

ということで、先日久々に出掛けた浅草松屋のリカーショップで
見付けたのが蒼龍葡萄酒さんの紙コップワイン。
そういえば、今までこうした売り方をしているワインは見たことが
なかったぞと思わず手に取ってしまいました。
b0308662_13462874.jpg

180ミリリットル入っているので、結構ボリューム感があり、電車の
中で呑んだらちょっとホロ酔いになりそう・・・。
浅草から東武特急スペーシアの車内でこのワインとおつまみを愉しみ
気付けば、日光・鬼怒川へ到着、なんていうのも良いですね。

桜の開花予想も始まっていますし、花見に紙コップワインというのも・・・。
でも、この日は趣味の鳥見の後の家でのパスタに合わせました。
b0308662_1349763.jpg

冷蔵庫にあった、シラスとニンニクとホールトマトのパスタに、さっと
茹でて生ハムと合わせ、ビネガー、オリーブオイル、白胡椒と合わせた
サラダと共に・・・。

その後何だかふわ~っと良い気分となり、ついつい昼寝を愉しんだ
早春の日曜、昼下がりでした。
春の昼ワインは間違いなく、眠気を誘いますが、それもまた楽し^^。

[PR]



by vinojapon | 2017-03-06 13:52 | 甲州(山梨) | Comments(20)

キザンワイン白とラタトゥイユ

関東も梅雨入りし、鬱陶しい季節となりました。

ちょっと肌寒いかなと思って一枚羽織っても、少し歩けば湿度が
高いので不快に汗ばんだり、癖毛なので髪がボワッと膨張したり・・・
誰もが憂鬱になるこの季節、今の時期ならではの愉しみを見付けたい
ところですが、皆さんはどう過ごされているでしょうか。

私は結局愉しみと言えば、食べたり呑んだりすることばかり・・・。
ということで今日はだんだんと美味しくなってきた夏野菜を使った
ワインの肴ラタトゥイユを・・・。
b0308662_1613513.jpg

簡単に作れるラタトゥイユですが、私はコクを出すためにニンニクと玉葱を
炒めた際に、ベーコン、アンチョビを必ず入れます。
また、作ってすぐには食べず一度火をとめて時間を置いた方が味が染みて
美味しくなります。

合わせたのはキザンワインの白。
b0308662_16152545.jpg

国産ワインの値段が高騰する中、赤・白とも秀逸ともいえる
コストパフォーマンスの高さを誇るワインですが、フレッシュな柑橘系の
香りとナッツのような風味もあり、酸のバランスの良い辛口の白ワインは
ラタトゥイユには勿論、和食にもよく合います。

肉も魚も大好きですが、最近以前より更に食事の中で野菜の占める割合が
多くなってきました。
美味しくなってきた夏野菜を身体が自然に欲しているのでしょうか。
(それとも単に年のせい・・・?^^;)

今日はベランダで撮影したこちらも掲載します。さて↓は何の花でしょう?
b0308662_16221770.jpg

大きくすると・・・
b0308662_16223284.jpg

久々にマクロレンズを使ってみました。
カメラは接写ができても、私の目には接写が辛くなってきた現実・・・。
(これはやはり年のせい --;)

[PR]



by vinojapon | 2016-06-06 16:27 | 甲州(山梨) | Comments(12)

ソルルケト甲州と冷しゃぶ

気付けば紫陽花が見頃を迎えつつある季節となりました。
ついこの間まで、八重桜が、そして薔薇が綺麗だなと思っていたら
季節はどんどんと過ぎて行きます。

今日は外食店のお話を・・・。
最近、ビストロでパン屋さん併設という店舗をぽつぽつ見掛けるようになりました。
地元でも一軒、そして職場の傍でも一軒見付け、双方に出掛けてみました。

双方ともパンはこだわりがあるとの事でしたが、私には「普通かなぁ」という
印象しか残らずで、肝心の料理は残念ながら「二度目はないかなぁ」という
結果となりました。

都心のオフィス街なら、高い賃料でランチの回転があまりあがらないような
店ならば、パン屋併設というのはなかなか良いアイデアなのかもしれません。
朝の通勤時間帯も営業しているとの事なので、昼食需要だけでなく
朝食、残業食として購入する人もいるのでしょう。

以前に比べ、美味しいお店が少なくなったなぁと頻繁につぶやくのは年をとった
証拠なのかもしれません。


さてさて、そんな呟きの後は平日夜にちゃっと作った豚の冷しゃぶ。
この時期になると、茗荷と紫蘇をたっぷりと使った料理が食べたくなるのは
私だけでしょうか。
更に、柑橘系も効かせさっぱり度を増して・・・。

ということで作った豚の冷しゃぶ。
b0308662_17353516.jpg

昆布出汁の中で豚をしゃぶしゃぶして冷やして、茗荷、紫蘇、カイワレ
冷やした昆布出汁、カボス酢と合わせます。

合わせたワインはソルルケト甲州。
フレッシュで果実味があり、酸味も程よい呑みやすい甲州と、薬味たっぷりの
豚しゃぶ。
すいすいと胃袋に収まりました。

これからの季節、茗荷、紫蘇、カイワレ等にお世話になることが更に増えそうです。

[PR]



by vinojapon | 2016-05-29 17:39 | 甲州(山梨) | Comments(10)

クラノオト甲州辛口とペンネアラビアータ

この三連休は晴れ予報ではありましたが、何やら怪しい雲が出てきたり
陽が陰ると冷たい風が吹いて来たりと暖かいのか寒いのかよく分からない
天候となりましたね・・・。

でも、父の墓参りもできたし、久しぶりに友人とも会えたし、趣味の
探鳥も愉しんだし・・・と愉しい三連休を過ごすことが出来ました。

皆さんはこの三連休、如何お過ごしでしたか?

気付けば3月も下旬に突入。桜も開花しましたし、あっという間に
今年も3ヶ月が過ぎようとしているなんて愕然としますね。
こうして年をとっていくんだなぁと。

九州在住の学生時代の友人の息子が東京の大学に合格し、
この春から東京で一人暮らしを始める・・・なんて話を聞くと、もしも
自分に子供が居たら、もう大学生でもおかしくないのか・・・と
感慨深いものがあります。

もう、そういう年齢なのだなぁとしみじみしてしまいますね。

さてさて、そんな三連休最終日のランチにパスタと共に楽しんだのは
フジッコワイナリーの「クラノオト甲州」。
b0308662_18232230.jpg

この、ブルーのボトルに黄色のラベルというのが何とも美しく、ついつい
デザインに惹かれて購入される方も多いのではないでしょうか。
b0308662_18241654.jpg

グラスに注ぐと濁った色合いで、ちょっと微炭酸を感じますが
あくまでも辛口で酸味もしっかりあります。
そして、口の中に広がるフレッシュなフルーティーさも特徴。

トマトソースのペンネアラビアータによく合いました。
b0308662_18254277.jpg

私の場合、辛い料理が好きなので、ついつい唐辛子を入れ過ぎて
ワインも進んでしますという事が多くいけません・・・。

休日のランチにパスタで白ワイン、そして午睡というのが気持ちの良い
季節が春ですね~♪

[PR]



by vinojapon | 2016-03-21 18:28 | 甲州(山梨) | Comments(14)

早春の味覚 冬の味覚

あれよあれよという間に今年も時が流れ、気付けば立春も過ぎ
一ヶ月ぶりの更新となってしまいました・・・。

暖冬と言われていたこの冬もやはり寒い日が続き、インフルも流行っている
ようですから皆様暖かくしてお過ごしください。

今週末は気温が20度近くまで上がる予報ですが、再び来週は冷え込む
とも言われていて着るものに困る季節となってきましたね。

ということで、ぼちぼち春の味覚・・・ということで「うるい」を使った簡単な
酒の肴がこちら。
b0308662_14212528.jpg

うるいはさっと湯通して、水を切って昆布出汁の上に盛り付け、蟹のほぐし身
(一番安価な蟹缶で十分です)を乗せ、米酢を少々かけて出来上がり。

この日は夜の撮影で器も冴えない色ですが、自然光で器もガラスや黒いもの
などにすると、なかなか色合いの綺麗な一品となります。

この夜は冬の味覚、カキフライも食べました。
b0308662_14252395.jpg

以前は生牡蠣が好きでしたが、今は焼きや蒸し、そしてフライと火を通して
食べる方が好きになった気がします。
勿論、生は生で美味しいのですが・・・。

それから、先日ひとりランチで食べたのはボンゴレビアンコ。
b0308662_14271187.jpg

浅利が旬を迎えるまではまだ少々時間が掛かりそうですが、また大好きな
貝類が美味しい季節がやってくるのだなぁと思うと嬉しくなりますね。

今回は何れの料理も甲州のワインを合わせました。
日本酒も呑んでいますが、ついつい写真を撮らずに「美味しかったぁ」と
終わってしまう事が多く、いけません。

次回からはきちんとお酒の記録も残したいと思います。

[PR]



by vinojapon | 2016-02-10 14:32 | 甲州(山梨) | Comments(16)

ハラモワインヴィンテージとペンネアラビアータ

台風の影響から降り続いた大雨では、栃木、茨城、宮城県に甚大な
被害を及ぼしました。
被災地の復旧と、行方不明の方が一刻も早く見つかることを祈るばかりです。


暑さも一段落と思っていましたが、このところまた日中は30度近くまで
気温が上昇するなど真夏日が戻ってきた東京。
そんな日のランチにと久々に作ったのはペンネアラビアータ。
b0308662_13403418.jpg

ニンニク、玉葱、セロリのみじん切りと、鷹の爪、ベーコンを炒め、
アンチョビペーストを投入してから白ワインを振り入れホールトマトを
潰しながら入れ、少々煮込んだら茹で上がったペンネと和えます。

コツはベーコン(肉)とアンチョビ(魚)を合わせる事で味に奥行を出す事
くらいな簡単なパスタ。
2日くらい冷蔵庫に入れておくと味が馴染んで前菜としても活躍します。

合わせたワインは「ハラモワイン ヴィンテージ 甲州シュール・リー」
ふわりとバニラの甘い匂いも感じつつも柑橘系の香りと、切れのある
フレッシュな味わいに程よい酸味がトマトソースとよく合います。
b0308662_13465552.jpg


この日は辛いものが食べたかったので鷹の爪は特別多めにしました。
結果、ひーひー言いながら食べる羽目となりましたが・・・やはり、
トマトソースは辛味を効かせる方が私は好きです。

[PR]



by vinojapon | 2015-09-13 13:48 | 甲州(山梨) | Comments(12)

アルガブランカクラレーザと豚の冷しゃぶ

9月に入っても引き続きぐずついた天候が続いていましたが、この週末の
土曜、東京は久々に洗濯日和となりました。

でも、そうなると気温もぐっと上がりまた冷えたビールが呑みたくなります。
朝晩は涼しくなりましたが曇り空でも日中は蒸し暑く、少し歩いて駅構内等に
入ると、ムワ~っとしてまだまだ汗ばみます。

それでも、若い女性達は既に短いブーツを履いたり、首に巻物をしたり
秋らしい羽織物を着たりと季節を先取りし、未だ素足にサンダルで
夏素材の服を着る私からすると、「何故、それで暑くないのか?」と
首を捻るばかり。

そんな私でも、だんだんといかにも夏、というパキッとした色合いの服装は
何となく避けるようになってきました。
季節の変わり目は何を着よう・・・と、悩む事が多くて面倒ですね。


さてさて、その蒸し暑い週末に久々に食べたくなったのが「冷しゃぶ」。
夏の料理ですし、もう食べたないだろうと思っていましたが、まだまだ
需要はありそうです。

今回は、お肉に最初からある程度味をつける為に、昆布出汁、酒、味醂、
醤油を入れた鍋にさっと豚肉肩ロース薄切りをくぐらせたものを
軽くしぼった大根おろし、梅肉、茗荷、玉葱、紫蘇と冷やした出汁、酢、
酢橘を合わせました。
b0308662_15142490.jpg

ワインは、おなじみ甲州「アルガブランカクラレーザ」
すっきりとした美味しさと酸味が豚の脂ともよく合います。

涼しくなったとは言っても、やはり暑さ寒さも彼岸まで。
秋刀魚の塩焼きは食べても、こうした夏メニューともまだ離れられない
そんな日が続きそうです。

[PR]



by vinojapon | 2015-09-06 15:22 | 甲州(山梨) | Comments(8)

油揚げの新玉&シラスピザとグリド甲州

先日職場で懐かしのCM話題となりました。

たまたまカップヌードルの話となり、「カップスター」のCMソングは何故か
覚えている、となると、いやいやあれもこれも・・・と出てきて、最後は
「伊東に行くなら、ハ・ト・ヤ」となり、CM出演の子供達のように
生きている大きな魚を抱えてみたいと、親に連れて行ってと強請った
ことなど、懐かしのCMネタに暫し盛り上がりました。

あの頃のCMソングは、単純だけど妙に口ずさみたくなるリズムのものが
(マルコメくん、お仏壇のはせがわ、御線香の青雲、キャラメルコーン・・・)
多かったとよね、という結論で時間切れとなりましたが、現代ではあまり
そうしたものはないような・・・。

広告業界で働いた事がないので分かりませんが、単純リズムでその
商品を「認知させる」という手法はもう過去のもので、今はイメージ性が
大切なのでしょうか。

そもそも今はテレビを観る時間が減ったという方が多いでしょうし、
録画した番組もCMは飛ばす、もしくは動画サイトで見る等テレビCMに
求められるものも変わってきているのでしょうね。

ということで、久々の更新の肴は身近な食材を使った一品、
「油揚げの新玉、シラスピザ」です。
b0308662_18334889.jpg

作り方はとっても簡単。
油揚げに薄くカットしたチーズ(コンテ、グリエール等がお薦め)、
スライスした新玉葱(水にさらした普通の玉葱でも)、シラスを乗せ
グリルで焼くだけ。
焼きあがったら七味をパラリ。
仕上げに浅葱等を散らしても彩がきれいです。

油揚げとチーズ、玉葱の甘み、シラスの塩分と旨みが絡みお酒が進む一品。
唯一のコツはプロセスチーズではなく、ナチュラルチーズのコンテ等を使うこと。
これで味わいがかなり違ってきます。
そして、もうひとつ。油揚げも豆腐専門店で購入したてのものがお薦めです。

油揚げはナチュラルチーズを挟んで焼いて、葱と七味をパラリとするだけ
でも美味ですが、玉葱とシラスもまた良い仕事をします。

この日はいつものようにグリド甲州を合わせましたが、ビールとも相性良し。
焼酎や日本酒でも合います。

b0308662_18404197.jpg


すぐに出来るし、もう一品欲しいなという時にちゃっと作ると
結構喜ばれますよ^^。

[PR]



by vinojapon | 2015-06-28 18:44 | 甲州(山梨) | Comments(16)

グリド甲州とセロリと蟹の小鉢

今年は5月から真夏のような暑さとなっていますが、皆さん体調など
崩されていませんか?

少し前ですが、首相官邸にドローンが落下しているのが発見され犯人逮捕と
なった際に、官邸の屋上警備が非常に手薄なことが露見しました。

仮にも一国の首相の執務室がある建物の屋上を1日に1度も、いや週に1度も
チェックしていないのかと、驚いた方も多いかと思います。

因みに首相官邸と米国大使館はとても近い距離にありますし、其方を
踏まえても、もう少し警備を強化すべしと私でも思います。

そのドローン騒動の直後から、官邸屋上を警備している人の姿が
毎日見られるようになったとか。

この暑さの中、またこれからの猛暑での屋上警備は頭が下がりますが、
一般のオフィス・商業ビルでも屋上点検は普通に行われているでしょうから、
今回の騒動は「空からの脅威」を多くの人が知るひとつのきっかけと
なったはずです。

既にドローンは商用として大いに活躍しているそうですが、趣味として
愉しんでいる方には気の毒ながらも、こうした事件が頻発するようになると、
やはり規制という方向へ進んで行くのも致し方ない事なのかもしれません。


さてさて、例年以上に夏日の多かった今月は白ワインの消費が更に
増えました。(健康診断の結果が気になります・・・)

そんな中、ワインに合う冷たい肴も小鉢でいくつか欲しいところ。
ということで今日のアテは、セロリと蟹の一品。
b0308662_1511228.jpg

セロリを切って塩揉みし、軽く水で流し絞り、蟹の身と合わせ冷やした
昆布出汁を注ぎレモンをキュッと絞り白胡椒をパラリ。
とても簡単ながら白ワインが進むメニューです。

この時期、昆布出汁を作って冷蔵庫で冷やしておくと、冷たい酒肴をさっと
作ることが出来て便利です。
この場合は冷製なので顆粒の昆布出汁で十分かなと手抜きです・・・^^;。

[PR]



by vinojapon | 2015-05-31 15:20 | 甲州(山梨) | Comments(16)

フジクレール 甲州シュール・リーとセロリとホタテのマリネ

ゴールデンウィークから心地よい晴天が続いているなと思っていたら、早くも
台風がやってくるとのことで、あのムワーっとした湿めり気を帯びた空気を
想像するだけでゲンナリしてしまう私です。(頑固な癖毛も爆発)

自然災害と言えば、箱根山での火山活動が活発になっているということで
連日報道されていますね。

箱根から富士山は近く、そちらへの影響も懸念されているようでこれからが
心配です。

箱根名物である真っ黒い温泉卵も火山の恵みのひとつ。
ふだんは人々に恩恵をもたらしてくれる自然も、昨年の御嶽山のように
突如として大災害を起こします。

今回はこの噴火の教訓もあり、早め早めの対策がなされているようですし
被害を最小限に収める為にも、出掛ける際には最新の情報を入手して
おかねばですね。

さてさて、気温も上がり白ワインを飲む機会が更に増えた最近の酒の肴と
してよく登場するのが「セロリとホタテのマリネ」です。
b0308662_9343769.jpg

4月上旬の長雨の影響か野菜類の価格が未だ落ち着いていない中で
値段が比較的安定している野菜のひとつがセロリ。

これを薄く切ってざっと塩で揉んで絞ったものに、缶詰のホタテを汁ごと
入れて、レモン汁、砂糖、ピーナッツオイル、白ワインビネガー少々と
白胡椒を混ぜて冷蔵庫で馴染ませて頂きます。

レモンの酸味とホタテの旨み、そしてセロリの爽やかな香りとシャキシャキ
とした歯応えが楽しい酒の肴♪^^
かなりの量のセロリを一度に食べられるのも嬉しいところ。

合わせたワインはフジクレール 甲州シュール・リー。
b0308662_94403.jpg

澱と共に熟成させた甲州ワインはきりりとした酸味と柑橘系の香りが心地よく
ホタテとセロリの1品にも相性バッチリ。
休日の昼酒としても相応しい1本でもあると、追記しておきます。

[PR]



by vinojapon | 2015-05-10 09:44 | 甲州(山梨) | Comments(10)

主に国産ワインと酒の肴について綴ります。別ブログ「Next cuisine」ではquesoという名前で野鳥写真を掲載しております。
by vinojapon
プロフィールを見る

最新のコメント

cherry様、 仰る..
by vinojapon at 16:27
こんにちは! 年齢を重..
by cherry2005 at 11:19
sana様、 いえいえ..
by vinojapon at 16:14
うーん・・・耳の痛いお話..
by sana at 09:48
tanat様、 嬉しい..
by vinojapon at 08:20
tadano_buta様..
by vinojapon at 08:14
分かります 分かります!..
by tanat6 at 20:02
こんにちは。 昼酒、い..
by tadano_buta at 12:36
dinghymama様、..
by vinojapon at 07:23
きなこの母様、 メッシ..
by vinojapon at 07:21

最新のトラックバック

ブログジャンル