日本のワインと肴

カテゴリ:月山ワイン(山形)( 5 )




月山ワインと「亀の手」

週末土曜早朝は携帯の地震警報で目覚めました。
その数秒後、「海を震源とした独特な横揺れ」がゆらゆらと続きました・・・。
このところ茨城や千葉を震源とする地震が続いていますし、地震列島に
住んでいる事を改めて実感し、しっかり備えもしておかないとと今更ながら
思いました。

それにしても、あの台風以来蒸し暑い日が続きまいります・・・。
そんな暑い日に白ワインのアテとしてピッタリなのは「亀の手」。

b0308662_08015754.jpg
見た目がまさに「亀の手」のこちらは御徒町吉池にて調達。
友人曰く「アルマジロみたい」という亀の手は甲殻類の仲間で、海老と蟹(蟹味噌)
と、雲丹をたして三で割ったような濃い旨味と磯の香りが何とも美味で後をひきます。
調理法は、かなり多めの塩を投入しぐらぐらと茹でるだけ。
これと辛口の冷えた白ワインがあれば、至福の夏の家呑み時間が約束されます。

この日合わせたのは、このブログにも何度も登場している
「月山ワイン ソレイユ・ルバン 甲州シュールリー」。 
キレの良い酸味とほのかな柑橘系の香りが心地よいワインと、亀の手の磯の香り・・・
涼しい部屋の中で親しい友人と語らいながら、これを肴に冷えたワインを愉しむ
ひとときは正に至福。

美味しいお店で食べて呑んで・・・も愉しいですが、最近は友人とも家呑みの方が
いいなぁと思う事が増えてきました。

「亀の手」。この夏もう一度くらいは食べておかねば・・・。

b0308662_08133254.jpg



[PR]



by vinojapon | 2014-07-14 08:14 | 月山ワイン(山形) | Comments(6)

月山ワインと「シラスと生海苔パスタ」

このところ初夏のような陽気が続いていますね。
ぼちぼちエアコンにお世話になる季節がやってきそう・・・。
とは言え今年は冷夏なんていう予想もあるようですが。
どちらにせよ、温暖化で東京の夏が熱帯化しているのは変わらずで
猛暑に悩まされる日は続くのでしょうね。

猛烈な癖毛の私にはその前に梅雨という難問が・・・。ーー;
矯正パーマをかけてストレートにはしますが、それでも蒸し暑さには
抗えず結局最近は夜会巻(見た目は単なる“オバちゃんまとめ髪”)に
落ち着いています。

さてさて、白ワイン率が益々増してきた最近。
この日のランチは、冷凍ものでないシラスと生海苔を使ったパスタ。
新鮮なシラスと海藻という磯の香り満載のパスタは包丁も使わない
かなり手抜きで簡単な一品。
b0308662_8103328.jpg

粉チーズをたっぷりかけて頂きます。

合わせた白ワインは月山ワイン ソレイユ ルバン。
柑橘系の香りと爽やかな酸味が心地よく、こちらのパスタにもよく合います。

海辺のテラスで、のんびりと潮風を浴びつつこの組み合わせを愉しめたら
最高ですね~
・・・今日の東京は雨ですがーー;。

[PR]



by vinojapon | 2014-05-21 08:14 | 月山ワイン(山形) | Comments(10)

月山ワイン 甲州シュール・リー ソレイユ ルバンと「浅利と菜の花のパスタ」

気付けば3月も終盤で、来週からは新年度がスタートと今年も既に
3ヶ月が過ぎてしまいました。

近所の小学校では先日卒業式があり、私が小学校を卒業してから
早くも30年が経ったという事実に愕然。
それは年をとる訳です・・・ハイ。

さぁ、これからは春の味覚!ということで何と言っても私が一番楽しみに
しているのは、これから美味しい貝類が出てくること!
赤貝、ミル貝、トリ貝、平貝、マテ貝、ツブ貝・・・その中でも特に、トリ貝が
大好きな身としては、来月新装オープンする御徒町「吉池」に足を運ぶ週末が
続きそうです(^^)♪

とは言え、普段もっともお世話になっている貝と言えば何と言っても浅利!
味噌汁、酒蒸し、ワイン蒸し、パスタ、アクアパッツァ、深川飯・・・と昔から
様々な料理に使われてきた浅利は出汁としても優秀な仕事をしますよね。

特に浅利の中でも愛知県、三重県産は、美味なものが多く、あのコクと旨味を
求め、今日もせっせと地元の鮮魚店の貝売場をうろついている私です。

そんな浅利と春を感じる菜の花を使って作るのは、「浅利と菜の花のパスタ」。
フライパンにバターを落とし、浅利を投入しワインをかけ蓋をし、少し浅利が
開いたら菜の花を投入、ざっと蒸したら茹でたパスタを投入して塩・胡椒。
b0308662_14172065.jpg

物凄く簡単ですが、物凄く美味しい。
浅利の旨味を吸った菜の花のホロ苦さがまた、堪りません~

合わせたワインは、以前も登場した月山ワイン「 甲州シュール・リー
ソレイユ ルバン」。太陽のマークが目印です。

柑橘系の香りとキリリとした辛口、程よい酸味はホロ苦い菜の花や貝の旨味や
甘味を上手に引き立て、グラスが進みます。

牡蠣とはぼちぼちお別れのシーズンですが、これからは春~初夏に美味しい
貝類とワインの組み合わせを愉しみましょう(^^)v。
b0308662_142711.jpg

[PR]



by vinojapon | 2014-03-27 00:00 | 月山ワイン(山形) | Comments(8)

月山ワイン 甲州シュール・リー ソレイユ ルバンと「無花果の白和え」

子供の頃、苦手だった食べ物が大人になったら好きになった!
という体験は誰でもあると思う。

かくいう私も「牡蠣」をはじめとする貝類が殆ど苦手で
食べられるのは浅利と蜆のみ、という子供だったが、大人になり
酒を覚えてからというもの貝類は大・大好物となった。
特に、春~初夏のトリ貝などは秀逸な美味しさだとしみじみ思う。

そして、魚貝だけでなく苦手だったものが果物にもある。
それは「無花果」。

あの、奇妙な形といい、べたっとした甘さといい・・・
フルーツらしい、爽やかな酸味や瑞々しさとは無縁な甘いもの、と
毛嫌いしていた無花果も、乾燥したものや、生ハムと合わせたものが
ワインの肴にピッタリと知ってからは、たちまち虜に。

そんな無花果を白和えで頂いたのは、夜のお蕎麦屋さんにて
酒の肴としてだった。
それまで、果物の白和えと言うと「柿」だけかと思っていたが
無花果との組み合わせは、ワインや日本酒にもピッタリ。
b0308662_15441187.jpg

この日合わせたのは、甲州ぶどう栽培の北限と言われる、
山形県鶴岡市の月山ワイン山ぶどう研究所の
「甲州シュール・リー ソレイユ ルバン」。
b0308662_15461135.jpg

柑橘系の香りが爽やかなキリッとした辛口の1本は、和食にも勿論、
こうした果実を使った和え物とも相性が良い。
勿論、オリーブオイルを使ったカルパッチョ等にもお薦め♪

甲州ワインは、山梨だけのものではないのだなぁ。

b0308662_15525075.jpg

[PR]



by vinojapon | 2013-10-29 00:00 | 月山ワイン(山形) | Comments(4)

月山ワイン ソレイユ・ルバン ヤマソービニオンと「小ヤリイカのトマト煮」

先月までフルタイムで仕事をしたいたものの、今月から専業主婦となり
今まで出来なかった「平日のスーパーマーケットの梯子」を楽しんでいる。

仕事の後だと、一番買い物をし易い店をサーっと見て、いいなと思った
食材を購入するという選択肢しかなかったものの、時間が出来ると
あっちのスーパー、こっちのスーパー、ちょっと歩いて美味しい豆腐屋と
色々見比べて調達できるのが嬉しく楽しい。

また、今まで出来なかった平日の「吉池(御徒町の鮮魚充実スーパー)」にも
行けることも嬉しいことのひとつ。(興味は食べることばかり・・・)

フルタイムの頃は、あっちの居酒屋、こっちの酒亭と飲み歩き、梯子酒も
さんざんしたけれど、今はそれが小売店に変わったということか・・・。

だんだんと夜に外で呑むのが億劫になり、それなりに翌日も疲れを覚える
トシになったので、家で肴をこさえて呑んでバタンキュー・・・が、今の私には
合っているのかもしれない。
(勿論、たまには外呑みも行きたいけれど・・・)

ということで、本日の肴はスーパー鮮魚売場で見かけた、旬の
「小ヤリイカのトマト煮」。
b0308662_1625346.jpg

ニンニクと玉ねぎ、セロリ、人参のみじん切り、鷹の爪をオリーブオイルで炒め
ブラックオリーブを加え、アンチョビフィレ2枚、ヤリイカを投入し軽く炒め、
白ワインを少々。その後カットトマトを投入し、ローリエ、オレガノを入れて
軽く煮込む。食べるときは粉チーズをふると更に美味♪

合わせたワインは、山形県の「月山ワイン ソレイユ・ルバン ヤマソービニオン」。
b0308662_16371514.jpg

ヤマソービニオンとは、日本に自生する山ブドウを母とし、醸造用品種の
カベルネソーヴィニオンを父として交配させた日本特有の品種。
深紅色で芳醇な香りと程よいコクと酸味は、魚貝のトマトソースとも相性バッチリ。
このラベルも可愛らしく、ついつい手に取りたくなるデザイン。


今回のカットトマトは、缶ではなく「モラタメ」さんの「カゴメカットトマト トマトパック」。
b0308662_16291755.jpg

今までホールトマトやカットトマトは缶詰だったけれど、遂に紙パックが登場。
賞味期限は缶より短いものの、料理によく使うものだけにゴミ捨てが楽なのは
助かるし、冷やしておけば、夏はカッペリーニやガスパッチョなどに便利。
これからの季節はトマト鍋に活躍するのでは・・・。

[PR]



by vinojapon | 2013-10-11 00:00 | 月山ワイン(山形) | Comments(6)

主に国産ワインと酒の肴について綴ります。別ブログ「Next cuisine」ではquesoという名前で野鳥写真を掲載しております。
by vinojapon
プロフィールを見る

最新のコメント

cherry様、 仰る..
by vinojapon at 16:27
こんにちは! 年齢を重..
by cherry2005 at 11:19
sana様、 いえいえ..
by vinojapon at 16:14
うーん・・・耳の痛いお話..
by sana at 09:48
tanat様、 嬉しい..
by vinojapon at 08:20
tadano_buta様..
by vinojapon at 08:14
分かります 分かります!..
by tanat6 at 20:02
こんにちは。 昼酒、い..
by tadano_buta at 12:36
dinghymama様、..
by vinojapon at 07:23
きなこの母様、 メッシ..
by vinojapon at 07:21

最新のトラックバック

ブログジャンル