日本のワインと肴

カテゴリ:タケダワイナリー(山形)( 7 )




熟成肉豆腐と蔵王スター

久々の更新です。

気付けば今年も残すところ一ヶ月と少し。
一昨年より去年、去年より今年と、益々速いスピードで一年が
過ぎ去って行きます。

子供の頃、一年は長く感じたけれど、自分が長く生きれば生きる程
一年という単位がそれに対し短くなっていくからこそ、大人になれば
なるほど一年が短く感じるようになる・・・。

今年は晩秋になっても暖かい日が続いていますが、それでもだんだんと
木々は色づき、落葉も進んでいますね。
b0308662_20474229.jpg

今日の肴は、二日前に作った肉豆腐。
b0308662_20483351.jpg

近所には、「東京三大煮込み」のひとつと言われる有名な料理を出す
居酒屋がありますが、二日前の夜に作り、毎日朝晩と火を通した自作の
肉豆腐も三日目となると、豆腐に味がしっかりと染みて、葱もよい感じに
とろんとして美味。

晩秋の今なら旨い日本酒と合わせても良いですが、国産(赤)の
デイリーワインとして抜群なCPを誇る山形県のタケダワイナリー、
蔵王スターとも好相性。

コトコト煮込んだ肉豆腐と国産赤ワイン。
肉豆腐と新米ご飯。
肉豆腐と日本酒。

どれも合います。
美味しい七味をぱぱっと振り入れて頂きましょう。

熊のように冬眠する訳ではないのに、ついつい晩秋はヒトもまた
冬に備え食べ過ぎる傾向となりますね。気をつけねば。

「あら困る 正月前に 肥えちゃった」
(vinojapon詠む)

[PR]



by vinojapon | 2015-11-21 21:01 | タケダワイナリー(山形) | Comments(16)

大人のナポリタンと蔵王スター

少し前の話ですが、カフェで「大人のナポリタン」というメニューを
見掛けた事があります。
実際に頼むことはありませんでしたが、ピリッと辛味を効かせていたり
使っている食材がちょっと贅沢なのかなぁと思っていました。

そこで、先日のランチにイメージする「大人のナポリタン」を作ってみました。
b0308662_14331830.jpg

味付けのポイントは、味に奥行を出すためにアンチョビペーストと
隠し味に「いしり(メギスの魚醤)」を使い、鷹の爪でピリッと辛口に。

あとは、在庫しているニンニク、玉葱、ピーマンと、賞味期限ぎりぎりの
ソーセージ。マッシュルームはなかったから省略。

そして、荒いみじん切りにしたパルミジャーノを最後に加え、ベランダの
プランターに生えているパセリを乗せて終了。

なかなか美味しく仕上がった「大人のナポリタン」は、よくよく見れば
主婦の味方の冷蔵庫掃除パスタと言えなくもないかもしれません。

いつか見た、カフェの「大人のナポリタン」は実はお店でそうした役割を
担っていたのかも・・・?


因みにこの日は、うちではハウスワイン化している蔵王スターをグラス
一杯だけ。
昼間のワインは久々だったこともあり、ちょっとアルコールがまわって
心地よい、昼寝を誘う午後となりました。

[PR]



by vinojapon | 2015-10-31 14:46 | タケダワイナリー(山形) | Comments(12)

蔵王スターと「牛モツ煮」

東京では猛暑が続いていますが、西日本では豪雨で甚大な被害が
出るなど、このところの極端な気象変化は本当に恐ろしく、温暖化によって
今後日本は、地球はどうなってしまうのでしょうか・・・。

既に日本でも、春や秋の期間が以前より短くなったと実感しますし、
冬の大雪、夏の猛暑と豪雨・・・。四季はいつまでもあるものでは
ないのかもしれないと不安を感じずにはいられません。

それでも、今年も秋刀魚漁が本格化してようやく小売店にキラキラと
銀色に光るその姿を見ると何とも嬉しくなりますね。
早速昨夜は奮発して二尾で500円の秋刀魚を購入し、塩焼きにして
たっぷりの大根おろしとカボス果汁で秋の味覚を満喫しました。

そして、秋刀魚を焼く前に夫が仕込んでくれたのが「牛モツ煮」。
b0308662_12245546.jpg

私は葱を刻んで七味を掛けただけ・・・。
牛モツの旨味とゼラチン質のコリコリ感、手でちぎったこんにゃくの
もっちり、ツルツルの食感・・・。嗚呼、もう一口と自然に手が伸びます。

合わせたワインは冷蔵庫で冷やしていた蔵王スター。
軽めの赤ながら滑らかな渋味と酸味のバランスが素晴らしい国産ワイン。
価格もこの品質を踏まえるととても良心的で、先日焼鳥店で「日本ワイン」の
話題になった時もイチオシしてしまいました。

最近、国産ワインを売りにする外食店も沢山登場していますが、
いかんせん価格が・・・。
景気が回復しつつあるとは言っても、ネットで小売価格がすぐに分かり、
個人レベルでも生産者さんと直に取引も可能となりつつある今、ワインの
品揃え“だけ”で集客し、常連となって貰うのはなかなか難しいのでは
ないのでしょうか。

ということで私は今、国産ワインは家で呑むことが殆どです。
国産ワイン以外でも、幾ら有名なお酒を揃えたとしても、あまりにも酒類の
価格が高い店には(熱燗一合950円~等・・・)足が遠のくようになりました。

とは言え、星の数程飲食店がある東京であっても、価格と料理、サービスの
バランスが素晴らしい!というお店は益々減ってきているような気がします。

[PR]



by vinojapon | 2014-08-24 12:45 | タケダワイナリー(山形) | Comments(14)

蔵王スターと「ナポリタン」

金曜から日曜までずっとずっと雨の東京。
部屋中にぶら下がる洗濯物は不快この上ないですし、布団も干せないし・・・
その上今季は梅雨が長引きそうな予報も出ていてウンザリ。--;

ところで皆さんは、ネットで衣類は購入しますか?
私は昨年末の就職活動の際に「セシー〇」にてスーツを6,000円で
購入したのですが、これがなかなか当たりでサイズ感も程よく重宝しました。
その後同社で再び安価な夏用ジャケットを購入し、こちらも活用しています。

ということで気を良くして別のブランドでジャケットを購入したところ・・・
「げげっ(じぇじぇっ)」という代物が届き驚きました。
どう見ても、マネキンが着用しているものと雰囲気が異なるし、根本的な
デザインも違う。
(多分、マネキンに着せている時は後方を何かで止めているのか
ウエストのシェイプ感がしっかりあるのに、届いたそれは、どて~んとした
寸胴デザイン・・・)

ネットでぽちっは楽ですが、やはり寄せられたコメントをネガティブな意見から
熟読するなど、それなりに時間をかけて考えての購入が必要だと改めて
感じました。

そうそう、今日の料理はたまに無性に食べたくなるナポリタン。
(実はかなり前の写真ですが・・・)
冷蔵庫でちょこっとずつ余っていた食材を炒めてホールトマトとケチャップで
和えるという簡単メニューですが、失敗もなくいつも美味しく出来るのが嬉しい。
b0308662_17384114.jpg


合わせたワインは蔵王スターの赤。
和食に文句なしで合うワインなので、ちょっと甘いトマトケチャップソースの
ナポリタンともピッタリ。

これからの季節は、赤もちょっと冷やして呑む事が増えそうですね。

[PR]



by vinojapon | 2014-06-08 17:39 | タケダワイナリー(山形) | Comments(8)

蔵王スターと「鰯のトマトパスタ」

約半年前までは、「外呑みはMAX週に2回迄」と決めて
仕事の後の一杯を友人と楽しんでいた私ですが、退職してからというもの
すっかり家呑み派となり、仕事を再び始めてからも、家で呑んでは早々に
バタンキューという生活が日常となりました。

外で呑むなら金曜などの休みの前がいいなぁ・・・(それも出来れば地元で)、
なんて考えるようになったのはオバサンの証でしょうか。

夕食時の料理写真も、昔は嬉々として撮影していましたが、どうもそれも
さぼりがちで、早く呑みたい(食べたい)欲求を前に、料理撮影なぞは
いとも簡単に吹き飛びます。

ということで、今日もまたまた昼食パスタ画像で申し訳ありません。
何だかいつも似たようなものばかり・・・でもでもっ、今日はトマトソースでも
鰯を使った一品です。

趣味の鳥見の後、地元スーパーで既に捌かれて開いた状態の鰯が
販売されていたので、昼食に少々使って後は夕食用にしようと購入しました。

冷蔵庫の中で「ぼちぼち消費しないとマズイ」候補となっている黒オリーブを
使うためにも、この鰯1尾とパスタを作りましょう。

作り方はいつもの通り簡単。
ニンニクと鷹の爪をオリーブオイルで炒め、適当に切った鰯を投入し、
黒オリーブ、ケイパーを入れてさっと炒めて白ワインを振ります。
その後、ホールトマト缶を入れ、オレガノ、ローズマリーで香りづけ
隠し味に「いしる(今回は烏賊のいしるを使いました)」と砂糖、塩で調味。

茹であがったパスタと和えて粉チーズをパラパラッとかけて終了。
b0308662_15551192.jpg

鰯は大分崩れてしまいましたが、独特の旨味がソースに絡まり美味。
作り終えてから、野菜室に1個転がる茄子を入れれば良かったなぁと後悔・・・。

合わせたワインは蔵王スターの白。
b0308662_15564110.jpg

国産ワインの中ではリーズナブルなので購入頻度が高いワイン。
爽やかな果実香と適度な酸味があるので、魚貝のトマトソースとも
相性が良いです。

鰯は、刺身や鮨ネタ、酢漬けも美味ですが、こうしてトマトソースに
合わせてもなかなか美味しいものですね。
「いしる」が無い場合は、アンチョビを加えると同様のコクが出ると思います。

[PR]



by vinojapon | 2014-04-13 00:00 | タケダワイナリー(山形) | Comments(10)

蔵王スター(白)と「明太子パスタ」

私が子供の頃、スパゲティはナポリタンが定番でした。
太めで柔らかめの麺に、ソーセージや玉葱、ピーマン、マッシュルームの
入ったトマトケチャップ味のそれは、折り畳まれた小さな紙ナプキンと
粉チーズ、タバスコが必ずついてくるもので、ちょっとよそ行き感も
あったなぁと懐かしく思い出します。

その後、「壁の穴」に代表されるような「和風」スパゲッティ店がオープンし、
タラコや明太子パスタが登場した時は、私も虜になったのを覚えています。
海苔や紫蘇と言った日本ならではの海藻やハーブに合うこのスパゲティは
白ワインとの相性もバッチリ!

ということで、今日は午前中の早い時間は趣味のバードウォッチング、その後
美容院へ行き、帰宅してのランチに久々に明太子スパゲティを作りました。

明太子、といっても家では安価な切れ子を使う事が殆どですが・・・^^;。
b0308662_17245367.jpg

玉葱の甘味が欲しいので、最初にみじん切りの玉葱をバターで炒めておいて
そこに茹であがったばかりのスパゲティを投入し、明太子と手早く混ぜて
紫蘇を乗せています。

合わせたワインは山形県タケダワイナリー「蔵王スター」の白。
b0308662_17264489.jpg

爽やかな果実味があり、フレッシュな酸味も心地よい辛口の1本は、国産の
ワインにしてはかなりリーズナブルな価格で、同社のベストセラーワインと
いうのも頷けます。

余談ですが、和風パスタ店が登場した後はバブル景気となり、いわゆる「イタ飯」を
好む若人達が増え、スパゲティのことを「パスタ」と呼ぶようになり、イタリア料理の
デザートを「ドルチェはどうする?」なんて言ったりしましたね・・・。
思えば、ゴルゴンゾーラやモッツァレラチーズもこの時覚え、今ではスーパーでも
一般的に販売される商品となりました。

それでもやはり、日本人がたまに無性に食べたくなるのは、オリーブオイルと
ニンニクの香り満載のパスタではなく、タラコや明太子を使った、あの懐かしい
和風スパゲッティだったりするのかもしれませんね・・・。

[PR]



by vinojapon | 2014-03-09 00:00 | タケダワイナリー(山形) | Comments(8)

蔵王スターと「蕪と鶏そぼろのいしり(魚醤)風味」

台風26号は伊豆大島に甚大な被害を残しました。
一刻も早い行方不明者の捜索と、亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。


それにしても今年は、各地での竜巻や先日の京都嵐山のように、過去に例を
みない強烈な豪雨や暴風といった天候があまりにも多過ぎる。
やはり温暖化が起因しているとなると、多大なエネルギーを消費している都市部を
はじめ、様々な開発等は本当に必要なのか再考が必要な時期なのかもしれない。

とは言え、具体的にどうするのか・・・となると・・・。

****************************************************

本日のワインは、山形県タケダワイナリーの蔵王スター。
完熟した山形県産のマスカット・ベリーA種を使用し、豊かな果実味とバランスの
とれた味わいが料理を選ばない1本。
価格も、国産の赤ワインでこの味わいからするとリーズナブル。
b0308662_17435918.jpg

程よい酸味もあるので牛・豚肉などの肉料理にも合うけれど、今回の様に
隠し味に「いしり(魚醤)」を使った、軽い煮込み料理にもお薦め。
b0308662_17432944.jpg

パスタソースにもピッタリな「蕪と鶏そぼろの魚醤風味」は、鶏挽肉と蕪を炒め、
塩、胡椒。お酒とお水を加え、炒め煮にして「いしり(魚醤)」を少々。
蕪が煮えたら、粉チーズと白胡椒、パセリをふる。
b0308662_17471279.jpg

魚醤は能登の「メギスのいしり」を使用。ナンプラーなどに比べると優しい味わいで
鶏肉との相性も良く、出汁のように使えて便利。
同じ発酵食品の粉チーズとの相性も良く、味に奥行きを加えてくれる。
b0308662_17492296.jpg

よく行くイタリア料理店のシェフも、魚醤はパスタ料理の隠し味に使うとか・・・。
味に深みを出す能登「いしり」と蔵王スター、石川県と山形県のコラボレーション。
日本の食は興味深い(^^)。

[PR]



by vinojapon | 2013-10-16 00:00 | タケダワイナリー(山形) | Comments(2)

主に国産ワインと酒の肴について綴ります。別ブログ「Next cuisine」ではquesoという名前で野鳥写真を掲載しております。
by vinojapon
プロフィールを見る

最新のコメント

こんばんは! 以前..
by cherry2005 at 23:34
tadano_buta様..
by vinojapon at 20:56
sora様、 お母様、..
by vinojapon at 20:54
tabi様、 此方の番..
by vinojapon at 20:50
sana様、 やすらぎ..
by vinojapon at 20:46
こんにちは。 桜見はち..
by tadano_buta at 18:17
母が楽しみに見ていると言..
by sorade-su at 12:21
私も番組宣伝見てて、絶対..
by tabi-kinako at 09:54
やすらぎの郷、知らなかっ..
by sanakk at 16:45
ろろ様、 やすらぎの郷..
by vinojapon at 07:55

最新のトラックバック

ブログジャンル