日本のワインと肴

<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧




エステート ソーヴィニヨン・ブランと「浅利のパスタ」&「生牡蠣」

初夏は貝類が最も美味しくなる季節!
ということで休日の朝、5時過ぎに家を出て趣味の野鳥撮影を愉しんだ後
向かったのは御徒町の吉池。
新装開店した鮮魚売場がイマイチと酷評してしまいましたが、やはり新鮮な
貝類を家庭用にと安価で購入するのに、都内で此処は外せません。

店内に足を踏み入れると、平貝、ツブ貝、フジツボ・・・そしてありました、
大好物のトリ貝!生のトリ貝は上品な磯の香りと甘みが素晴らしい
美味しさを奏でるのですが、地元の鮮魚店ではボイルされたものが
殆どで手に入りません。

このトリ貝と生牡蠣(6個で900円也!)、浅利(勿論愛知産)を購入して
ウキウキと帰路を急ぎます。
まずは昼食!
朝ごはんはサンドイッチ1ヶだけだったのでとにかく腹減った・・・と
順番はおかしいですが、浅利のパスタからもりもり食べ始めました。
b0308662_610413.jpg

う~ん、この時期の浅利は旨いッ。
ニンニクとの相性もばっちりで海の香りと浅利独特の美味しさを
纏った麺も美味しくてスルスルと胃袋に収まっていきます。

この日合わせたのは、長野県の林農園「五一ワイン エステート
ソーヴィニヨン・ブラン」です。
グレープフルーツを思わせる柑橘香と、フルーティーな味わい、
そして程よい酸味があり、魚介類との相性の良い1本。
ボトルのデザインもランチタイムに相応しい。
(昼呑みの言い訳か・・・)

そしてパスタを食べ終わった後、「まだ、足りないなぁと」手を伸ばしたのは
此方↓。
b0308662_6151038.jpg

最近酒蒸しばかりで食べていた牡蠣も、気温が高くなってくるとレモンを
ギュッと絞って生で磯の香りを堪能したくなりますね(^^)。
2ヶで300円の幸せを噛み締めた5月下旬の昼下がりでした。

因みにトリ貝は夕食時に夫が捌いてくれました。が、あっという間に食べてしまい
写真はありません・・・--;。
今年初の生トリ貝、甘くて美味しかったです。

[PR]



by vinojapon | 2014-05-27 06:17 | 林農園(長野) | Comments(12)

月山ワインと「シラスと生海苔パスタ」

このところ初夏のような陽気が続いていますね。
ぼちぼちエアコンにお世話になる季節がやってきそう・・・。
とは言え今年は冷夏なんていう予想もあるようですが。
どちらにせよ、温暖化で東京の夏が熱帯化しているのは変わらずで
猛暑に悩まされる日は続くのでしょうね。

猛烈な癖毛の私にはその前に梅雨という難問が・・・。ーー;
矯正パーマをかけてストレートにはしますが、それでも蒸し暑さには
抗えず結局最近は夜会巻(見た目は単なる“オバちゃんまとめ髪”)に
落ち着いています。

さてさて、白ワイン率が益々増してきた最近。
この日のランチは、冷凍ものでないシラスと生海苔を使ったパスタ。
新鮮なシラスと海藻という磯の香り満載のパスタは包丁も使わない
かなり手抜きで簡単な一品。
b0308662_8103328.jpg

粉チーズをたっぷりかけて頂きます。

合わせた白ワインは月山ワイン ソレイユ ルバン。
柑橘系の香りと爽やかな酸味が心地よく、こちらのパスタにもよく合います。

海辺のテラスで、のんびりと潮風を浴びつつこの組み合わせを愉しめたら
最高ですね~
・・・今日の東京は雨ですがーー;。

[PR]



by vinojapon | 2014-05-21 08:14 | 月山ワイン(山形) | Comments(10)

シャトー・メルシャン アンサンブル萌黄と「おかひじきと榎の梅肉和え」

このところ日中の気温も夏日という日が多くなってきました。
朝晩はヒンヤリ涼しい風も吹きますが、こうなってくるとだんだんと休日の
昼にキンと冷えた白ワインなぞが呑みたくなってきます(^^)♪

そんな時の「つきだし」にお薦めなのが、スーパーの野菜売場で最近よく
見掛ける「おかひじき」。

ミネラルをたっぷり含んだ野菜で、しゃきしゃきとした食感と瑞々しい緑は、
まさに初夏にぴったり。
今回は、同じくしゃきっとした食感で価格の優等生でもある榎と合わせます。

作り方は簡単。
まずは昆布出汁をとっておき(顆粒でも問題ありません)、酒、味醂、
塩、薄口醤油少々で味付けます。
そこに叩いた梅肉を入れて、さっと茹でて適当な大きさに切った
おかひじきと榎を和えるだけ。
更に暑くなったら器ごと冷蔵庫で冷やしても美味。
b0308662_5582256.jpg


合わせたワインは、フレッシュな酸味と爽やかな香りがこの時期にぴったりの
シャトー・メルシャン アンサンブル萌黄

シャキシャキという歯応えと一緒に爽やかな日本のワインを愉しむ初夏の
昼下がり・・・。
やはり、家で呑むのはいいものです。

[PR]



by vinojapon | 2014-05-12 06:02 | 甲州(山梨) | Comments(10)

マコンビラージュ プリムールと「蕪と鶏挽肉のパスタ魚醤風味」

ゴールデンウィーク後半3日目、どんよりとした重たい曇り空で迎えた東京。
その重たい空気を割くかのように微動から始まった地震はあっという間に
強い横揺れに。

ちょうど朝シャワーを浴びて「ららら~♪」と鼻歌など歌いながら身体を吹いて
いた私は慌てて水槽のあるリビングに走りました。
3年前の震災の日、この水槽からかなりの量の水がこぼれ出たからです。

水はゆっさゆっさと左右に揺れていましたがこぼれることもなくホッ。
東京千代田区は震度5弱との事でしたが、私の家もかなり揺れました。
暫く地震がないなぁと思っていましたが・・・

さてさて、ゴールデンウィーク初日は友人が泊りに来るということで
新装開店した吉池に初めて足を運んでみました。
が、三井不動産が手掛けた真新しいビルは、堂々吉池入居!・・・と
言うよりは、ユニクロさんいらっしゃい的な雰囲気が漂っています。

目当ての鮮魚売場(1階)も、鰻の寝床のような細長い空間の中央に
かなり大きな毛蟹水槽があり、、導線を軽視したつくりのよう・・・。
売場全体としては、牡蠣などの貝類や鮮魚類等相対スペースが以前より
かなり縮小され、スーパーのようにパッケージされている商品の陳列棚が
増え、吉池の目玉でもある鮭製品が地下1階に配置され買物に時間が
掛かるようになる等、「うーん・・・」という感じ。

ゴールデンウィーク期間中ということもあり、お客さんはレジに並ぶ人より
ただ見に来た、という人も多く、今後に期待というところでしょうか。

さてさて、前置きが長くなりました。
宿泊した友人とは吉池で調達した、生蛍烏賊や牡蠣などを愉しみましたが
その写真はすっかり撮るのを忘れ・・・
翌日のランチに友人が持参してくれたワインと共に、久々に大好きな
蕪と鶏挽肉、魚醤のパスタを愉しみました。
b0308662_9112279.jpg

このブログにも掲載している料理ですが、鶏挽肉と蕪を炒め、小量の水と
昆布を入れて蕪を柔らかくし、魚醤(メギスのいしる)と塩、白胡椒で調味し
バターを落とし、茹でたてのパスタを絡めれば完成という簡単な一品。

鶏挽肉と魚醤の相性はばっちりですが、それに蕪の甘味、昆布出汁の旨味
バターのコクがあいまって、優しい味なれど奥深くコクのあるパスタです。

友人持参のワインはマコンビラージュ プリムール。爽やかな柑橘系の
香りときりっとした酸味は、こうしたパスタ料理によく合います。
b0308662_9174049.jpg

ボトルの底に少しだけ(グラス1杯分)残っていたので、ついつい昼間から
呑んでしまいました。

そして鶏肉パスタを愉しんだこの日の午後は、鳥見へと出掛けたのでした。

[PR]



by vinojapon | 2014-05-05 00:00 | 番外編 | Comments(6)

主に国産ワインと酒の肴について綴ります。別ブログ「Next cuisine」ではquesoという名前で野鳥写真を掲載しております。
by vinojapon
プロフィールを見る

最新のコメント

dinghymama様、..
by vinojapon at 09:30
cherry様、 春眠..
by vinojapon at 09:28
紙カップワイン、白トリ貝..
by dinghymama at 13:30
こんにちは! だいぶ暖..
by cherry2005 at 16:00
tabi様、 私も此方..
by vinojapon at 16:27
これ、新幹線の中で売って..
by tabi at 12:46
tomy様、 有難うご..
by vinojapon at 08:44
chidoriashi様..
by vinojapon at 08:41
私も10日ほど放置したば..
by tomy at 01:31
わかります、その気持。 ..
by chidoriashi55 at 18:38

最新のトラックバック

ブログジャンル