日本のワインと肴

<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧




大人のナポリタンと蔵王スター

少し前の話ですが、カフェで「大人のナポリタン」というメニューを
見掛けた事があります。
実際に頼むことはありませんでしたが、ピリッと辛味を効かせていたり
使っている食材がちょっと贅沢なのかなぁと思っていました。

そこで、先日のランチにイメージする「大人のナポリタン」を作ってみました。
b0308662_14331830.jpg

味付けのポイントは、味に奥行を出すためにアンチョビペーストと
隠し味に「いしり(メギスの魚醤)」を使い、鷹の爪でピリッと辛口に。

あとは、在庫しているニンニク、玉葱、ピーマンと、賞味期限ぎりぎりの
ソーセージ。マッシュルームはなかったから省略。

そして、荒いみじん切りにしたパルミジャーノを最後に加え、ベランダの
プランターに生えているパセリを乗せて終了。

なかなか美味しく仕上がった「大人のナポリタン」は、よくよく見れば
主婦の味方の冷蔵庫掃除パスタと言えなくもないかもしれません。

いつか見た、カフェの「大人のナポリタン」は実はお店でそうした役割を
担っていたのかも・・・?


因みにこの日は、うちではハウスワイン化している蔵王スターをグラス
一杯だけ。
昼間のワインは久々だったこともあり、ちょっとアルコールがまわって
心地よい、昼寝を誘う午後となりました。

[PR]



by vinojapon | 2015-10-31 14:46 | タケダワイナリー(山形) | Comments(12)

退院したら食べたかったもの ~その3~

昨夜は東京も物凄い強風が吹き荒れていましたが、北海道では
風雪が強まっているようで、いよいよ冬の訪れが迫ってきたなと
実感しています。

気付けばあと一週間で11月。
年賀状のCMも流れ出しましたし、ハローウィンが終わればいよいよ
街では年末ムード一色となりますね。

さてさて、今月初旬に1週間程入院し、退院したらあれこれ食べたい
ものを思い浮かべておりましたが、今回がその最終編。

辛党の私がフト食べたくなるチーズケーキといえば、東京湯島
タントマリーのカマンベールチーズケーキです。
b0308662_12432675.jpg


初めて食べた時は、チーズの旨みとコクをそのまま生かした
味わいと美味しさに驚き、逆にチーズ嫌いな方には絶対に
受け入れられないであろう強い個性のケーキを世に送り出した
同店の勇気にエールを送りました。

その後、タントマリーはゴルゴンゾーラやブリーを使ったチーズケーキも
発売していますが、チーズが好きな方には圧倒的に此方の商品が
人気のようです。

b0308662_12571867.jpg


b0308662_12573633.jpg


珈琲には勿論、赤ワインにも合う味わいは秋の夜長の食後の
愉しみとしてもぴったりです。

このケーキを食べつつ赤ワインを呑み、「嗚呼、健康って素晴らしいなぁ」と
改めて普通の生活が送れる事の有難味を感じました・・・。
b0308662_12592839.jpg


さぁ、お酒も解禁しましたし、ぼちぼち日本のワインを掲載していきます♪

東京も「木枯らし1号」が吹き、冷え込んできました。
皆様体調を崩されない様暖かくしてお過ごしください。

[PR]



by vinojapon | 2015-10-25 13:04 | 番外編 | Comments(14)

退院したら食べたかったもの ~その2~

今日の東京は朝から冷たい雨が降り、気温も上がらず晩秋の風情。
スーパーに買い物に行くと、「冷凍うどんと豆腐がよく売れる」との事で
「今宵は、鍋」とお考えのご家庭も多い模様です。

10月も気付けば半ばを過ぎ、食品売場には「お節料理」コーナーも
併設されたりと、だんだんとこれから年末を意識するようになって
くるのでしょうか。

さてさて、退院したら食べたかったものシリーズ、第二弾は
鶏出汁で香菜とナンプラーをたっぷり使ったうどんです。
b0308662_15422290.jpg

本来なら米粉のフォーが欲しかったのですが、冷凍庫の
冷凍うどんで代用。

出汁は鶏ガラ、味付けは砂糖と塩少々、そしてナンプラー、レモン、
酢をお好みで。

当たり前ですが病院食にナンプラーなぞ出る事はなく、酢の物も
イマイチ酢の効きが甘い感じだったので、酸味があり独特の旨みを
感じる味わいを舌が欲していたのでしょうか・・・。

更に香菜。
これはもう、香りにも強い刺激を求めていたに他なりません。
そうそう、玉葱も生で食べたいとずっと思っていたっけ・・・。

味わいや香りの刺激。
薄味の生活だったからこそ欲するものでもあり、改めてその味を
美味しいと感じるもの。

最近は、幼いうちから濃過ぎる味に慣れ親しみ過ぎ、本来
味蕾が案じる僅かな酸味や旨み、苦味などが分からないという子供も
増えているとか・・・。

病院食というのは、究極に塩分や油脂量を減らしたものでは
ありますが、もしかしたら「味」を改めて知るにはひとつの良い
きっかけなのかもしれませんね。

[PR]



by vinojapon | 2015-10-16 15:53 | 番外編 | Comments(8)

退院したら食べたかったもの ~その1~

今月初旬から1週間程入院しており、点滴後重湯からだんだんと
形のあるお米を食べられるようになると、
「病院の食事はやはりイマイチ・・・。退院したらあれとこれを食べよう」
等と、沸々と我儘な食欲が湧いてきました。

その“我儘な食欲”こそ、元気になりつつある証なのでしょうね。

ということで、現在は「まだ」お酒を控えている為、退院したら
食べたかった料理を暫く掲載致します・・・。

先ず、私が家に帰ったらすぐに食べたいと思ったのは、納豆や
生卵、烏賊の塩辛やタラコ等の魚卵といった、匂いや塩分が強かったり、
コレステロールが高かったり、ナマモノ系で病人にはちょっとねぇ・・・
というものです。

更に匂い系で食べたかったのは何と言ってもニンニク!
そして旬ではありませんが浅利のような二枚貝も食べたいなぁと
ずっと思っておりました。

ということで、退院翌日ランチに作ったのはニンニク&鷹の爪を
たっぷり入れたボンゴレ・ビアンコ。
b0308662_17481097.jpg

浅利は小さ目ですが、しっかりと出汁も出てニンニクの香りもふわりと
漂い、鷹の爪のピリッと感も相まって何とも幸せな美味しさです。

滋養強壮を謳うニンニクだけあって、何やらパワーも湧いてくるような・・・。
嗚呼、これで白ワインが呑めたら最高なのですが、この日は撮影の為
背後にボトルのみ置いて、実際に飲んだのはペリエ。

まだ、傷は痛みますが家で好きな物を作って食べられる幸せは
なにものにもかえ難いなぁとしみじみ感じたひとときでした。

[PR]



by vinojapon | 2015-10-15 17:54 | 番外編 | Comments(10)

2015年シルバーウィーク旅のあれこれ

私事ですが、10月初旬から1週間程入院しており、昨日退院しました。
物心ついてから入院という事自体初めてだったのですが、病院での
生活は何かと勉強になることも多々ありました。

普段生活しているところではない視点で物事を見るということも
実は大切な事なのかもしれませんね・・・。

大好きなお酒も、もう少ししたら解禁にしよう!
と思っておりますので、今日は先日出掛けた旅行のあれこれを掲載
させて頂きます。(前回、茸を掲載した旅の件です)


趣味の探鳥で、長野の乗鞍方面へ出掛けたシルバーウィーク。
台風が来る時期でもありますので、天気図を気にしつつ、早めに
宿の予約は行わなかった為、「その時期でも空室がある旅館」に
泊まりました。

まず一泊目は奥飛騨温泉郷の平湯温泉の宿。
日本列島のほぼ中央、乗鞍岳の北麓の岐阜県と長野県を結ぶ
安房トンネルの岐阜県側の玄関口に位置する同温泉は、
ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、炭酸水素塩泉などを含み
ひとたび湯船に入れば、じんわりとその効能を感じる名湯でした。
b0308662_1517499.jpg

宿の夕食で出た鯉のあらい。なかなか美味でした。
b0308662_15181851.jpg

合わせたお酒は飛騨の名酒「久寿玉」。
b0308662_15213766.jpg

フレッシュで瑞々しく、鯉のあらいにぴったりな日本酒でした。
旅をして、こうして地酒を味わうというのは本当に愉しく幸せな事です。

翌日と、翌々日に宿泊したのは乗鞍高原温泉にある宿。
乳白色の温泉や硫黄の香りも濃く、嗚呼温泉に来たなぁとしみじみ
感じる良い湯でした。
b0308662_1525563.jpg

浴室内が木造だと寛ぎ感がまた一味違う気がします。

こちらの宿ではお酒は長野県塩尻市にある林農園の五一ワインを
頂きました。
b0308662_15445949.jpg

今迄気付かなかったのですが、このワインのラベルには雷鳥が
描かれていたのですね。

乗鞍高原では蕎麦も頂きました。
b0308662_15265588.jpg

蕎麦は秀逸でしたが、汁があまり好みでなかったのが残念。

高原では紅葉も始まっていました。
b0308662_15274183.jpg

b0308662_15275443.jpg


秋の柔らかい陽を浴びたススキがゆっくりと揺れていました。
b0308662_1529332.jpg


最後は、旅の最終日に松本駅からすぐのお蕎麦屋さんで頂いた
馬刺し!
b0308662_15301883.jpg

とっても美味しく、乗車する新幹線まで時間があることもあり
お代わりしてしまいました。勿論、地酒と共に。

国内旅行は、こうしてその土地ならではの美味しいものと酒、そして
温泉を堪能できるのが何よりも贅沢でもあり愉しみです。

療養の為、少々旅はお休みですがこれから益々温泉が恋しくなる季節。
更に猪や鹿、鴨などのジビエも美味しくなってきますね。
傷が癒えたら、また旅に出掛けたいものです。

[PR]



by vinojapon | 2015-10-13 15:34 | 番外編 | Comments(10)

主に国産ワインと酒の肴について綴ります。別ブログ「Next cuisine」ではquesoという名前で野鳥写真を掲載しております。
by vinojapon
プロフィールを見る

最新のコメント

dinghymama様、..
by vinojapon at 09:30
cherry様、 春眠..
by vinojapon at 09:28
紙カップワイン、白トリ貝..
by dinghymama at 13:30
こんにちは! だいぶ暖..
by cherry2005 at 16:00
tabi様、 私も此方..
by vinojapon at 16:27
これ、新幹線の中で売って..
by tabi at 12:46
tomy様、 有難うご..
by vinojapon at 08:44
chidoriashi様..
by vinojapon at 08:41
私も10日ほど放置したば..
by tomy at 01:31
わかります、その気持。 ..
by chidoriashi55 at 18:38

最新のトラックバック

ブログジャンル