日本のワインと肴

奥日光の宿

先日、趣味のバードウォッチングで奥日光へ出掛けました。
初めてアナグマに遭遇したり、いつもの鹿や猿達にも出会えましたが
目的の鳥達にも数多く出会う事ができました。

宿泊先は奥日光湯元温泉の宿。
以前は温泉街の宿というと、一人での宿泊は難しいこともあったようですが
今はかつてのような大型旅館全盛の時代ではありませんし、彼の地にも
こぢんまりとした小規模ホテルもあり、一人での宿泊も快適に過ごせる
ようになりました。

今回初めて宿泊したホテルは温泉小屋傍で源泉掛け流し、料理もなかなか
美味しく、早朝出発用に作って頂いたお弁当もボリューム満点で、また
宿泊したい宿となりました。

以下は夕食の写真です。
お酒を呼ぶ料理が並んでいたので、ついつい白ワインを頼みました。
すると、並々と注がれたグラスが登場。
飲兵衛はついニッコリしてしまいます。
b0308662_16203273.jpg

前菜の日光ゆばの煮物は、出汁が効いていて美味。
白ワインによく合います。
b0308662_1622540.jpg

高原キャベツのポタージュも優しい味でした。
b0308662_16222813.jpg

タジン鍋の温野菜も、玉葱やパプリカ本来の味が引き立ち箸が進みます。
b0308662_16233790.jpg

お魚料理は、地の紅鱒を使った味噌マヨネーズ焼き。
b0308662_1626192.jpg

こちらも白ワインを呼ぶ肴でした。

お肉料理は牛ロースステーキ。鉄板で焼きながら頂きます
なかなか美味しいお肉で、ついつい赤ワインをグラスでオーダー。
b0308662_1627229.jpg


最後のレアチーズケーキも完食で食事は終了。
その後は再び白濁の硫黄泉に浸かり9時過ぎに就寝。
翌朝は小鳥の囀りで目覚めました。^^

かつて、温泉旅館というと食べきれない程の食事が出てきて、勿体ない
けれど残してしまう事が多々ありました。

内容も動物性タンパク質中心の料理が多く、野菜はせいぜい鍋か天婦羅で
お腹がもたれる経験をされた方も多いと思いますが、最近は温泉宿でも
野菜をメニューに多用するところも増えてきたなぁと感じます。

奥日光も夏休みに入るこれからは此方の宿も混雑するでしょうから
また時期を外して訪れてみたいと思います。

[PR]



# by vinojapon | 2016-07-17 16:45 | 番外編 | Comments(12)

自然の中の宿

久しぶりの更新となりました・・・。
今年の夏は猛暑予想となっていますが、既に東京でも寝苦しい夜が
あったりと早くも秋(秋刀魚)の訪れが待ち遠しい今日この頃です。

さて、先月出掛けた素敵なホテルを今日はご紹介します。
訪れたのは新潟県の「奥胎内ヒュッテ」

冬場は雪によって道路が閉鎖され、夏と秋のみ開業しているホテルです。
今回は趣味のバードウォッチングでこのホテルに宿泊したのですが
そのロケーション、食事の美味しさに唸った宿となりました。

まずは此方の目玉でもあるテラス席の朝食から。
b0308662_1045789.jpg

すぐ横には渓流があり、時折鳥達が渡っていきますし、対岸の木には
カケスなどがしょっちゅうやってきて、カメラ持参での朝食となりますが、
空気、鳥の声、緑の匂いと何とも心地よい空間です。

そして、胎内名物でもある米粉のパンもとても美味でした。
b0308662_1047046.jpg


一泊目の前菜おはこちら。
b0308662_10474093.jpg

オレンジ色のパプリカのテリーヌは絶品。パテやスモークサーモンも
美味でした。

コンソメスープもかなりレベルが高いです。
b0308662_10484372.jpg


ワインは地元の赤ワイン。此方もなかなかの美味しさ。
新潟のワインは呑んだことはありますが、胎内高原のものは初めて
頂きました。
b0308662_10501369.jpg


魚料理は真鯛のポワレ。カリッと皮目が焼かれて良い仕上がりです。
b0308662_10502639.jpg


新鮮な野菜もたっぷりサラダで頂きます。
ドレッシングは二種添えてありました。
b0308662_1051381.jpg


お肉料理は子牛のデミグラスソース、ワインを呼ぶ一品で美味でした。
b0308662_10521264.jpg


デザートのブラマンジェは、辛党でもペロリといける美味しさでした!
b0308662_10524362.jpg


正直、バードウォッチングがメインで食事は期待していませんでしたが
このクオリティの食事で宿泊費(2食込)が9000円(休前日は1000円up)
とは素晴らしい!・・・と唸る程でした。

二泊しましたが、翌日の夕食はメニューが全て異なり、其方もまた満足な
美味しさでした。(またまた胎内高原ワインを呑みました・・・)

こちらのホテルは部屋にテレビやラジオはなく、携帯も電波が通じず
良い意味で完全に俗世間とは隔離され自然を満喫することが出来ます。

真っ暗闇の夜に聞こえるコノハズクの鳴き声、動物の声。
そして早朝、まだ暗いうちから鳴き出す小鳥達の声・・・

秋の紅葉も素晴らしいそうですので、フト自然の中に身をおきたく
なったら是非お出かけ下さい。
テレビもパソコンも携帯も無いという生活は、たまには人も必要
なのかもしれません。

[PR]



# by vinojapon | 2016-07-09 10:58 | 胎内高原ワイン | Comments(10)

グランエロンブランと生青海苔とシラスのパスタ&茗荷の酢漬

久しぶりに平日の午前に映画を観に行きました。
映画館に足を運んだのはかれこれ6~7年ぶりくらいでしょうか・・・。

都心でも比較的新しい某シネコンはトイレも綺麗、座席の座り心地も
なかなかでしたが、予告が始まってからの物凄い大音響には驚きました。

特に、予告で流れる映画はCG満載、怪獣や地球の敵等が出てくる
ゲーム性の高いストーリーの物が多かったからかもしれませんが、
その過剰とも言える大音響は、本編(サスペンス&コメディ)が
始まっても続き、正直映画が終わり外に出るとホッとしました。

私の耳が変わったのか、映画館の音響が変わったのかは
分かりませんが、今後映画館へ足が向くことはないかも・・・。

さてさて、そんな映画を観た後は家に戻りパスタランチ。
冷蔵庫の残り物を漁り、今朝の味噌汁に入れた生青海苔の残りと
シラスでパスタ。
バターと生海苔は相性が良いので油はバターも使います。
b0308662_1532574.jpg

そして、このパスタで忘れてはいけないのは粉チーズ。
粉チーズと生青海苔の相性もグーなのです。

包丁を一切使わない簡単パスタ、でも美味しい。
随分前に雑誌ダンチュウで掲載されていたのを見てからすっかり
虜になりました。

そして、今が美味しい茗荷は久々に酢漬に・・・。
b0308662_15335530.jpg

子供の頃は大嫌いだった茗荷ですが、今では冷蔵庫で欠かせない
野菜となりました。

因みにお値段は1パック(3本入)で100円。
皆さんお住いのところも同じような価格でしょうか?

[PR]



# by vinojapon | 2016-06-16 15:37 | 番外編 | Comments(16)

キザンワイン白とラタトゥイユ

関東も梅雨入りし、鬱陶しい季節となりました。

ちょっと肌寒いかなと思って一枚羽織っても、少し歩けば湿度が
高いので不快に汗ばんだり、癖毛なので髪がボワッと膨張したり・・・
誰もが憂鬱になるこの季節、今の時期ならではの愉しみを見付けたい
ところですが、皆さんはどう過ごされているでしょうか。

私は結局愉しみと言えば、食べたり呑んだりすることばかり・・・。
ということで今日はだんだんと美味しくなってきた夏野菜を使った
ワインの肴ラタトゥイユを・・・。
b0308662_1613513.jpg

簡単に作れるラタトゥイユですが、私はコクを出すためにニンニクと玉葱を
炒めた際に、ベーコン、アンチョビを必ず入れます。
また、作ってすぐには食べず一度火をとめて時間を置いた方が味が染みて
美味しくなります。

合わせたのはキザンワインの白。
b0308662_16152545.jpg

国産ワインの値段が高騰する中、赤・白とも秀逸ともいえる
コストパフォーマンスの高さを誇るワインですが、フレッシュな柑橘系の
香りとナッツのような風味もあり、酸のバランスの良い辛口の白ワインは
ラタトゥイユには勿論、和食にもよく合います。

肉も魚も大好きですが、最近以前より更に食事の中で野菜の占める割合が
多くなってきました。
美味しくなってきた夏野菜を身体が自然に欲しているのでしょうか。
(それとも単に年のせい・・・?^^;)

今日はベランダで撮影したこちらも掲載します。さて↓は何の花でしょう?
b0308662_16221770.jpg

大きくすると・・・
b0308662_16223284.jpg

久々にマクロレンズを使ってみました。
カメラは接写ができても、私の目には接写が辛くなってきた現実・・・。
(これはやはり年のせい --;)

[PR]



# by vinojapon | 2016-06-06 16:27 | 甲州(山梨) | Comments(12)

ソルルケト甲州と冷しゃぶ

気付けば紫陽花が見頃を迎えつつある季節となりました。
ついこの間まで、八重桜が、そして薔薇が綺麗だなと思っていたら
季節はどんどんと過ぎて行きます。

今日は外食店のお話を・・・。
最近、ビストロでパン屋さん併設という店舗をぽつぽつ見掛けるようになりました。
地元でも一軒、そして職場の傍でも一軒見付け、双方に出掛けてみました。

双方ともパンはこだわりがあるとの事でしたが、私には「普通かなぁ」という
印象しか残らずで、肝心の料理は残念ながら「二度目はないかなぁ」という
結果となりました。

都心のオフィス街なら、高い賃料でランチの回転があまりあがらないような
店ならば、パン屋併設というのはなかなか良いアイデアなのかもしれません。
朝の通勤時間帯も営業しているとの事なので、昼食需要だけでなく
朝食、残業食として購入する人もいるのでしょう。

以前に比べ、美味しいお店が少なくなったなぁと頻繁につぶやくのは年をとった
証拠なのかもしれません。


さてさて、そんな呟きの後は平日夜にちゃっと作った豚の冷しゃぶ。
この時期になると、茗荷と紫蘇をたっぷりと使った料理が食べたくなるのは
私だけでしょうか。
更に、柑橘系も効かせさっぱり度を増して・・・。

ということで作った豚の冷しゃぶ。
b0308662_17353516.jpg

昆布出汁の中で豚をしゃぶしゃぶして冷やして、茗荷、紫蘇、カイワレ
冷やした昆布出汁、カボス酢と合わせます。

合わせたワインはソルルケト甲州。
フレッシュで果実味があり、酸味も程よい呑みやすい甲州と、薬味たっぷりの
豚しゃぶ。
すいすいと胃袋に収まりました。

これからの季節、茗荷、紫蘇、カイワレ等にお世話になることが更に増えそうです。

[PR]



# by vinojapon | 2016-05-29 17:39 | 甲州(山梨) | Comments(10)

主に国産ワインと酒の肴について綴ります。別ブログ「Next cuisine」ではquesoという名前で野鳥写真を掲載しております。
by vinojapon
プロフィールを見る

最新のコメント

cherry様、 仰る..
by vinojapon at 16:27
こんにちは! 年齢を重..
by cherry2005 at 11:19
sana様、 いえいえ..
by vinojapon at 16:14
うーん・・・耳の痛いお話..
by sana at 09:48
tanat様、 嬉しい..
by vinojapon at 08:20
tadano_buta様..
by vinojapon at 08:14
分かります 分かります!..
by tanat6 at 20:02
こんにちは。 昼酒、い..
by tadano_buta at 12:36
dinghymama様、..
by vinojapon at 07:23
きなこの母様、 メッシ..
by vinojapon at 07:21

最新のトラックバック

ブログジャンル