日本のワインと肴

TIO PEPEと芽キャベツのアンチョビソテー

先日、初めて出掛けた居酒屋で日本酒のメニューにこんな表示がありました。
「0.5合、□□□円」、「0.7合、□□□円」、「1合、□□□円」

そして、その0.5合の値段が結構高い・・・。(へ?1合じゃないのと思った程)
ありきたりでは無い、店主が厳選したという日本酒を置く店は増えましたが
こうした「微妙な量の表示」をする店も増えているのでしょうか。

因みに其方のお店の料理は、若い方にはちょうどよいのかもしれませんが
私のような中年おばさんには、「味が濃いな」と思うものが多かったので
「味が濃い→更に酒を呑む→0.5合などではなく1合単位で呑む」
という構図が出来上がりそうなものなのですが、不思議です。

色々な種類の日本酒を少しずつ愉しみたいという方には合うお店なのかも
しれませんが、もう一度行きたいかと問われると、「・・・」となる一軒でした。


さてさて、今日の肴は可愛らしい芽キャベツとアンチョビ、ニンニクをソテーした一品。
b0308662_17574370.jpg

パスタ用にと沸かした湯にさっと芽キャベツをくぐらせ、ざるにあげたら、オリーブオイルで
ニンニク、鷹の爪を炒めアンチョビペーストを加え、芽キャベツを入れてざっと炒め
さっと白ワインを投入して出来上がり。

合わせたお酒はティオペペ。辛口のシェリーです。
b0308662_1811688.jpg

ホロ苦い芽キャベツとニンニクの香りにアンチョビのコクと塩味、鷹の爪のピリリと
した辛さがティオペペとよく合います。

春野菜の独特の苦みは白ワインやシェリーにぴったりですね^^♪

[PR]



# by vinojapon | 2016-03-05 18:05 | 番外編 | Comments(16)

山椒+アイスクリーム

最近、目の疲れが著しい私です。
ここへきて老眼が進んできたようで、職場で小さなノートパソコンをじっと見ていると
益々目がシバシバ・・・。

コンタクトレンズを使用すると老眼が早まると聞いたこともありますが、こればかりは
人それぞれなのでしょうね。
最近は老眼用のサプリメントもあるようですが、どうなのでしょうね。

さてさて、今日の料理はブログ初の「甘いもの編」です。
先日、成城石井の店内を歩いている際に調味料の棚に「おや?」という商品を
見つけました。
それが此方です↓。
b0308662_16175949.jpg

国産の山椒を詰めたミル。

このまま、挽き立ての薫り高い山椒を堪能できるということで先ず試したのは
炊き立てご飯の上に釜揚げシラスを乗せ、その上でミルをギュッギュと挽いて・・・。
ご飯の湯気と共にふわりとあの芳しい香りが広がります。
口の中でシラスと溶け合う相性もばっちり。

そして、売場のPOPには「スイーツとも合います!」と記載されていたので
試してみたのは、山椒+バニラアイスクリーム。
b0308662_16205759.jpg

挽き立ての山椒とアイスクリームをスプーンですくって頂くと・・・ふわりと鼻腔から
抜ける山椒の香りと程よい辛味に、クリーミーなアイスクリームのコクが絶妙に絡み合い
大人のデザートに変身。

見た目は、ピスタチオ+バニラアイスっぽいですが香りや辛さを踏まえると此方の
方が大人仕様なデザートという感じです。

様々な料理に活用してみたい、汎用性の高い香りの調味料を見つけました。

[PR]



# by vinojapon | 2016-02-28 16:26 | 番外編 | Comments(12)

鯨刺と大七「雪しぼり」

二月は逃げる、と言いますが本当に今年もあれよあれよと時が流れていくなと
実感する日々です。

若い頃は、晩酌をした後もブログの更新を嬉々として行う事ができましたが
今はお酒を呑むとすぐにバタンキューな日々で、どうもいけません。

春を感じるぽかぽか陽気の日も増えてきて、花粉も飛び出し
食品売り場には春の味覚もあれこれと並ぶようになってきましたね。

ホタルイカに初鰹、細魚、フキノトウ、タラの芽、菜の花・・・
まだお値段は高いですが、見ているだけで愉しいものです。

さて、本日の肴は季節を感じるものではありませんが大好物の一品、
「鯨刺」です。
b0308662_13574392.jpg

久々に出かけた吉池で手に入れたナガスクジラの刺身は、身質もよく
ニンニク醤油をつけて食べれば至福のひととき・・・

この日合わせたお酒は福島県二本松 大七酒造の「雪しぼり」。
フレッシュな感じを持ちつつも旨味もしっかりとあり、鯨刺との相性も良く
肴と酒双方がお互いを引き立て何とも嬉しい晩酌となりました。

以前はさらりとした辛口日本酒が好きでしたが、最近は旨味も感じる
甘さのある日本酒も美味しいなと思うようになってきました。

↓こちらは、先日呑んだ日本酒。
美味しかったのと、ボトルが綺麗なので写真に撮っておきました。
b0308662_1443744.jpg

秋田のお酒、刈穂秋。カワセミが紅葉を咥えています。
ちなみに刈穂春は、ボトルもブルーでカワセミは紅葉を咥えていません。
呑み比べてみたいですが、各々その季節限定ですので難しいかな?

週末は近所の酒屋さんに日本酒を買いに行くのが習慣化しています・・・。

[PR]



# by vinojapon | 2016-02-20 14:10 | 日本酒 | Comments(16)

早春の味覚 冬の味覚

あれよあれよという間に今年も時が流れ、気付けば立春も過ぎ
一ヶ月ぶりの更新となってしまいました・・・。

暖冬と言われていたこの冬もやはり寒い日が続き、インフルも流行っている
ようですから皆様暖かくしてお過ごしください。

今週末は気温が20度近くまで上がる予報ですが、再び来週は冷え込む
とも言われていて着るものに困る季節となってきましたね。

ということで、ぼちぼち春の味覚・・・ということで「うるい」を使った簡単な
酒の肴がこちら。
b0308662_14212528.jpg

うるいはさっと湯通して、水を切って昆布出汁の上に盛り付け、蟹のほぐし身
(一番安価な蟹缶で十分です)を乗せ、米酢を少々かけて出来上がり。

この日は夜の撮影で器も冴えない色ですが、自然光で器もガラスや黒いもの
などにすると、なかなか色合いの綺麗な一品となります。

この夜は冬の味覚、カキフライも食べました。
b0308662_14252395.jpg

以前は生牡蠣が好きでしたが、今は焼きや蒸し、そしてフライと火を通して
食べる方が好きになった気がします。
勿論、生は生で美味しいのですが・・・。

それから、先日ひとりランチで食べたのはボンゴレビアンコ。
b0308662_14271187.jpg

浅利が旬を迎えるまではまだ少々時間が掛かりそうですが、また大好きな
貝類が美味しい季節がやってくるのだなぁと思うと嬉しくなりますね。

今回は何れの料理も甲州のワインを合わせました。
日本酒も呑んでいますが、ついつい写真を撮らずに「美味しかったぁ」と
終わってしまう事が多く、いけません。

次回からはきちんとお酒の記録も残したいと思います。

[PR]



# by vinojapon | 2016-02-10 14:32 | 甲州(山梨) | Comments(16)

惣誉 初しぼりと自家製ローストビーフ

早くも年が明けて10日が過ぎ、今日は成人式でしたね。
駅で晴れ着姿の若い女性の姿を見掛け、あの時期ならではの若さと
華やぎを眩しく感じました。

思えば私が二十歳の頃は最後のバブル世代などと呼ばれ、
「就職戦線異状なし」などという今見たら「びっくりぽんや~」と
呆れられそうな、おちゃらけた映画が作られておりました。

学生時代の女友達は、既に就職活動を経て新卒で入社した会社を
9割以上が退職しています。

現在の学生達も、就職後3年以内に3割が退職するとも聞きますが
20年前と異なり、今は女性の寿退職も稀で出産後に復帰して
勤続するのも当たり前の時代となりつつあります。

私が就職した頃、職場では1人1台のパソコンという時代ではなく、
携帯電話も持っている人は殆どいませんでしたし、テレックスという
通信機器も健在でした。
コピーを「ゼロックス」と呼んでいるおじさんもいました。

でも今は、当たり前のようにひとり1台のパソコンを持ち、ガラケー
ではなく、限りなく小さなパソコンと言ってもよいスマートホンが主流と
なり、いつでもどこでも人と繋がるのが当たり前となりました。

その昔、駅で友人をひたすら3時間待ったことがありましたが、現代で
そんなことはもはや有り得ないことでしょう。
(「来る、来ない」と花を千切ったりというシーンはもう二度と見る事は
出来ないのでしょうね・・・)

果たして今年生まれた子供達が成人する頃、世の中はどう
変わっているのでしょうか。

今話題のAIに様々なものが取って代わられているようになるのか、
それはあまり見たい未来ではありませんが、変化のスピードが更に
加速している昨今ですから、もっと劇的な変化が起きているのかも
しれませんね。

と、長々と綴りましたが今日の肴は、昨日友人達が集った新年会での
残り物ローストビーフです。
b0308662_17441694.jpg

前日、薬味はホースラディッシュでワインと合わせましたが、今日は
山葵と日本酒で・・・。

実は最近、日本酒がしみじみ美味しいなぁと思う事がとても多くなって
きました。勿論ワインも好きですが、日本酒の美味しさというのは何て
繊細で奥深いのだろうと・・・。
b0308662_17443363.jpg

こちらのお酒は栃木県の惣誉酒造の1本。
昨年の新米を使い、12月に製造した新酒です。

爽やかな香りと新鮮な風味ながらも、ローストビーフのような肉料理とも
相性が良く、どっしり感も持ち合わせる日本酒です。
嗚呼、やはり日本酒って良いですね・・・。
b0308662_17482485.jpg


ということで、「日本酒」というカテゴリも新たに作りましたし、今年は
日本のワインは勿論、日本酒の登場も増えそうです。

[PR]



# by vinojapon | 2016-01-11 17:56 | 日本酒 | Comments(16)

主に国産ワインと酒の肴について綴ります。別ブログ「Next cuisine」ではquesoという名前で野鳥写真を掲載しております。
by vinojapon
プロフィールを見る

最新のコメント

dinghymama様、..
by vinojapon at 09:30
cherry様、 春眠..
by vinojapon at 09:28
紙カップワイン、白トリ貝..
by dinghymama at 13:30
こんにちは! だいぶ暖..
by cherry2005 at 16:00
tabi様、 私も此方..
by vinojapon at 16:27
これ、新幹線の中で売って..
by tabi at 12:46
tomy様、 有難うご..
by vinojapon at 08:44
chidoriashi様..
by vinojapon at 08:41
私も10日ほど放置したば..
by tomy at 01:31
わかります、その気持。 ..
by chidoriashi55 at 18:38

最新のトラックバック

ブログジャンル